« いざ、出陣 | トップページ | 九州の乱 その2 »

2007年2月26日 (月)

九州の乱 その1

こんばんわ。銀河です。
気がつけば4万ヒットでした。

というか、気づいていたんですが、告知出すのも今からじゃ・・・ということもあり、出さなかったんですけどね。
次の記念ヒットでは、何かのプレゼント企画でもやろうかな?

という事で、久しぶりに前置き長いですね。

さて、今回から数回に掛けて、九州の乱と題し、TOM9さんとのマッチングについて書いていこうと思います。
既にTOM9さんはUP済みなので、そっち読むと簡潔なんですがね。
興味のある方は是非ご覧下さいませ。

では、続きから。

Vstom1_1  

 

  
 
さて、まずは初戦から。
こちら最近始めてみたデッキですが遠弓麻痺矢デッキ。
SR呂蒙、R馬岱、UC大喬、UC韓当、UC李儒、C陸積(みかん)(22/36)
地味に毒入りです。(愛のあるバージョンは厳氏だったりしますw)

対するTOM9さんは毒連計デッキですね。
SR呂布、Rホウ徳、UC董白、C梁興(25/17)

最初の感想。
呂布ウザスww
狙っているのは毒連計という事で、かなり相性悪いなぁ・・・と。

では開戦。
片寄せしているTOM9軍に対し、一列に柵を並べる銀河軍。
さっくりと柵を壊されるのは戴けないので、一人柵に重ね犠牲にしながら防衛。
逆にいたに李儒をこっそり攻城に向かわせると・・・
2手に分かれるTOM9軍。
どちらも犠牲にするつもりだったので、柵を壊されずに凌ぐ事に成功。
結局、Rホウ徳だけ潰し、他は逃げられる。

この手の騎馬多いデッキについては、大喬は舞わないことにしているので、常に数の有利を考えて戦ってました。
しかしながら、士気が溜まるにつれてピンチになる銀河軍。
呂布の赤兎・・・止められるはずも無く、一列になった所を狙われます。

・・・少し的が外れていたようで、全滅は免れました。
しかし、柵は一方を壊され、連計体制は可能に。

中盤。
柵が壊れ、攻めやすくなったTOM9軍は上手い事散らしながらの攻撃。
合間に赤兎を挟み、やはりピンチに。
手数の足りない銀河軍は防戦一方な展開に。
そして、あっさりとホウ徳に攻城をゆるす。
この際、毒の連計をされるも、対策の為、少し前後に弓をずらしてました。
で、計に掛ったのは韓当と李儒のみ。
(ちなみに余談ですが、毒の連計の重ねがけはエラく効き目があるようですよ~)

徐々に復活し始めた銀河軍はカウンターに転じる。
李儒の重ね毒と兵法連環を交えたが、敢え無く失敗。
TOM9さんも兵法増援を使い、毒から逃れてました。

終盤。
士気が6,7に溜まりそうな頃合で、最後の攻めに転じる事に。
もちろん、ここで入らなければ、そのまま負けに。
李儒を囮に、逆を攻めさせ、逆から馬岱が。
そして、士気が7溜まった時点で麻痺矢号令。
李儒は落ち、馬岱もカバーされている。
数の勝負なので、韓当も攻城させに向かわせるが・・・

人馬一体発動。

ヤバス。
麻痺矢は呂布を落としに掛っている。
あとちょい。
あとちょいとで呂布が落ちる。
人馬が韓当に近づいてくる・・・

ああっ。

呂布撤退。

すかさず、ホウ徳に麻痺矢を向けると・・・
ピタッ。

そして、韓当の攻城成功。

カード1枚分も無い所で上手く止める事ができ、逆転での勝利。
いやぁ・・・危なかったぁ・・・。

ということで、迎撃失敗に終わったTOM9軍の初戦でした。

おまけ。
突撃回数12回もした馬岱ですが、撃退数はたったの2。
うーん・・・何故だろうwww

 

第2戦目。
店内なので、デッキは変える事が出来ないのでそのまま入ってくるのを待っていると...。
ダブルS登場。
SR甄皇后、SR賈ク、R楽進、UC蔡文姫、UC李通、UC曹皇后、UC賈南風、C楊阜(16/48)
※写真無いのは、思いっきり忘れていたからです(この先写真ないのは忘れたからと思って下さいw)

な、内容がいまいち思い出せない・・・

麻痺矢号令からのカウンターで勝った事は覚えてますが。
・・・うーん。御免なさい。

マウント取った状態で、個別に出てくるTOM9軍の騎馬隊は、ことごとくやられていくのでしたとさ。
えっ?
内容が薄いと・・・?

すいません。本当に内容が...

大戦NETデータから見てみることにすると。
SR呂蒙 計略1 撃破5
R馬岱 計略1 撃破3 突撃11
UC大喬 撃破2 撤退2 攻城2 ダメ27.4
UC韓当 撃破3 撤退2 弱攻城2 ダメ46.2
UC李儒 撃破2 撤退1
Cみかん 撤退1 攻城2 ダメ27.9

という内容でしたとさ。 

さて、長くなりそうなので、続きは明日~。

|

« いざ、出陣 | トップページ | 九州の乱 その2 »

ゲーム(三国志大戦)」カテゴリの記事

コメント

ねっとり、こってり書いてくださいw
毒の重ね掛けしたかったんですが、対象が少ないし、すぐに城に戻れるのでやめました
今思えば、序盤から柵を壊すためだけでも赤兎すればよかったと・・・

投稿: TOM9 | 2007年2月27日 (火) 18時21分

れす
☆TOM9さま
毒の重ねがけを狙っているデッキとしては、Rホウ徳やSR呂布のコスト5が掛り過ぎのような・・・?
猪突なホウ徳だったりKJAを入れたりすると面白かったかも?
計略的には赤兎連発の方がきつかったと思いますw

投稿: 銀河 | 2007年2月28日 (水) 01時31分

まだ2回目の使用なのでどの計略でどう攻めるべきか見えてないんです
毒食らっても重ねられなければ逃げれるさってことで毒は半分無視でしたw
ちょっくら改良してみるかも・・・
でも董白単にハァハァして、赤兎と毒と人馬が欲しいとこうなるわけでwww

投稿: TOM9 | 2007年2月28日 (水) 18時24分

れす
☆TOM9さま
赤兎は呂布しかいないので、呂布で。
人馬一体は馬鉄&馬休で。
1.5コス余るので、そこは・・・流行の解除戦法の誰かをww
改良可能ですねw

投稿: 銀河 | 2007年2月28日 (水) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23554/15639075

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の乱 その1:

« いざ、出陣 | トップページ | 九州の乱 その2 »