« 女ねずみ小僧 3 | トップページ | FF11 4 »

2007年8月14日 (火)

銀ちゃんのスロット用語集 2

こんばんは。銀河です。
世の中はお盆ですね。

そして、世の中はコミケですね。
あれ?終わってるかな?ww
毎年、一応参加してたんですが、今回はパスです。(仕事だからw)

そして、スロもお盆は回収期なので控えめに。

と言うことで、今回は用語集でも。

さて、今回は遊戯に関しての用語でも。

Big
ビックボーナスの事。
機種によって枚数は変わるものの、スロットを打つ上でこれが無いと始まらない基本役。
ボーナス確定で、BigとRegのどちらか(たまにRTとかいうのもある)に振り分けられて、小役が集中して当たり、規定枚数出たら終わる。

Reg
レギュラーボーナスの事。
ビックボーナスの役1/3程度しか出ない大当たり。
これも台によって枚数は異なるけど、基本的にRegが多くなると出球が少なくなるので、勝ち目は薄くなる。
Regが集中して出させる台もあるのだけど、それは稀。
大概の人は、これを引いてガックリするww
別の言い方でバケ(オバケ)と言う言い方もある。

RT
リプレイタイムの事。
本来なら、メダルを減らさずに何ゲームかプレイできる。
小役が集中して、規定ゲーム分現状キープで遊べるため、次の当たりまで楽しめる。
・・・が、最近、RTでもメダル減る台が多い。

リプレイ
スロットは普通3枚掛けて1回まわす。
で、出た絵柄によって、規定の枚数を払い戻しするのだが、リプレイという絵柄が揃うともう一度ベットしないで回せる。
RTは、これが連続で揃い続けるゲームでもある。

チェリー
2枚役(台によって違うけどw)
ほとんどの台がチャンス目になる役で、熱い。
メーカーによっては、これが出るだけで悶絶だったり?

1k,2k・・・
千円、2千円とか千の単位。
収支等の金額面でよく使われる。

5号機
スロットの規格で、波の激しい台(4号機)に規制が入り、新しい規格で出てきたスロット台。
最大獲得枚数の上限を決めており、その分マイルドにした。
・・・現状、マイルドとは言えない気がするがw
天井が無く、毎回抽選している。小役との同時抽選が主流。
5号機の時代になりつつある今、スロットをやる人は減少すると言われている。

4号機
俗に言うストック機と呼ばれる機種。
ある程度ハマリを経由して、いきなり噴いたりする台。
あまりの波の荒さに規格変更となり、徐々に消えつつある。
年内には消える。
また、天井が決まっており、そこまで打つと必ずボーナスが成立するのも特徴。
(一部は天井ないのもあったり?)

天井
4号機では、ハマリの最大ゲーム数が決まっており、そのゲームを消化するとボーナスを放出する。
その最大ハマリゲーム数の事を天井と呼ぶ。
天井に持っていかれた場合、ほとんどの場合負け試合になると思われるww

ハイエナ
4号機では、チャンスゾーンと呼ばれるゲーム数が台によってあった。
チャンスゾーンは通常ゲームより当たりやすいorボーナス放出後の連荘が期待できる等、色々とあるが、それを狙っている人らの事をハイエナと呼ぶ。
また、運良くそんな台をゲットした場合も、ハイエナ出来たとか言う。
5号機でもチャンスゾーンがある台もあるので、ハイエナ出来なくも無いが、完全抽選なのでハイエナとは言えないかも^^
このハイエナが出来なくなる5号機によって、スロット人口が少なくなるとも言える。

換金率
メダル1枚を換金した場合にいくらになるか店ごとに変わる。
等価である場合、1枚20円で戻りも20円。
5.1枚は1枚19.6円、5.2枚では19.2円と出た枚数によっての影響は大きい。
換金率が悪い店は、本来出すイメージあるが、今はそうでもないかも?
@中途半端な換金率だと、計算が大変でもあるw

ざっとこんなもんかな?
他に、新しい用語が出てきたら追加しようw

|

« 女ねずみ小僧 3 | トップページ | FF11 4 »

パチスロット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23554/16065009

この記事へのトラックバック一覧です: 銀ちゃんのスロット用語集 2:

« 女ねずみ小僧 3 | トップページ | FF11 4 »